オランダ生活

もみの木でクリスマスツリー

投稿日:

今年もリビングにもみの木を設置して、飾り付け。

もみの木を真っ直ぐに立ててから…と、けっこう大掛かりな作業なのですが、家族皆でワイワイとやる楽しい時間です。

こういう時は、いつも以上に思春期の息子がよく喋ります。

暖炉の上にもモミの葉を敷き詰めて〜。


オランダに来てから20年。

結婚してすぐに買ったオーナメントはけっこう割れちゃったりして、毎年オーナメントを買い足すのですが、この天使だけは無事。

20年に渡ってツリーを彩ってくれています。

これから少しづつ他の部屋もクリスマスの模様替えへと。

どんよりと暗い天候が続くので、家の中だけでも少しでも明るく居心地良く整える!というのを心がけています。

というのも、この時期は鬱の人がドッと増える時期。

まぁそれも仕方がないんです。

だって、12月のオランダは常にこんな感じのお天気。

寒くて、日中でも薄暗くて、雨風が強くて、用事のある人以外は街を行き来していない。

夏はたくさんの観光客で賑わう旧市街も人が少なくなります。

だから、冬支度は本当に大事。

11月後半くらいから街の至るところで「もみの木」が売られ出すので、多くの人たちが1本ならず2本3本と買い求めていきます。

いろんな大きさのもみの木があるので、リビングだけじゃなく、玄関先とか子供部屋とかにも飾るんでしょうね。

だから、うちがよく行く大型ガーデニングショップもこんな感じ。

店内にはもみの木の香りが充満しているので、ここで思いっきり森林浴です。