ハーダンガー

YouTubeハーダンガー刺繍チャンネル

投稿日:


ユーチューブの刺繍チャンネルを開設してから約1週間。

ここ数日は動画編集ソフトと格闘していましたが、少しずつ編集作業にも慣れてきました。

ただ、撮影環境(ライトとかカメラを固定させる場所とか)を改善していかないと、刺繍以外の余計な作業に時間を取られるので、そこは早急に何とかしていきます。

というわけで、今週はユーチューブに全精力を注いでいて全く作品作りができていませんが、来週からは自分のちくちく時間の確保にも努めたいと思っています。


で、今はほぼ毎日のように日本語&英語の動画をアップロードしていますが、その理由…。

チャンネル登録者数が少ないと、ユーチューブ側にアカウントを削除されてしまったりすると聞いたので、そうなると悲しすぎる…。

なので、今はとにかくせっせと動画を作って公開していくしかない。

というわけで、ブログを訪問してくださっている皆さまにお願いです

こちらのアドレスをクリックして、ぜひぜひチャンネル登録をよろしくお願いします。」


ちなみに、最新の動画はこちらになります。

ハーダンガー

クリスマスモチーフのハーダンガー刺繍

投稿日:

友人たちを家に招いてクリスマスディナーをした翌日から、酷い風邪でダウン。

約1週間ほどずっと寝込んでおりました。

幸い夫のクリスマス休暇と重なったので、家事は全て家族にお任せ。

私はずーっとベッドでゴロゴロ。

優雅なお姫様生活。

たまに刺繍、たまにスマホ、たまに読書、たまにお昼寝。

こんな感じの生活で完成したのが、こちら。

32ctリネン使用。
オリジナルデザイン。

テーマは「星降るクリスマス」

写真だと分かりにくいかもしれませんが、ラメがたくさん織り込まれたリネンなので、とてもキラキラしています。

オランダは25日と26日がクリスマスで、ツリーは年明け6日まで出しておく習慣。

新年もクリスマス飾りのままで迎えるので、一応クリスマスに間に合った…ということで😉

 


リネンのキラキラしている部分を残したくて、織り糸カットは極力少なめのデザインにしました。

周辺はドロンワークで仕上げましたが、さりげなく金糸を部分的に使って刺しています。

写真だとイマイチお伝えできないのですが、肉眼だと本当にリネンもステッチも輝いています。

クリスマスにぴったり!

このキラキラリネンは手芸フェアで試しに購入してみたものなのですが、なかなか良いので、次回の手芸フェアでも探してみようと思います。

ハーダンガー

今月のハーダンガー刺繍教室

投稿日:

子供の学校もクリスマス休暇に入り、オランダはすっかりお休みモードです。

それに伴い今年の刺繍教室も全て終了いたしました。

今月は体験レッスンの方たちがいらしてくださったりして、最後の最後で素敵な出会いも。

オランダの暗い冬を乗り切るためにも、ちくちく仲間の輪が広がっていくのは本当に嬉しいことです。

当刺繍教室【Borduursalon yoka(ボルデュールサロンようか)】は自宅でのレッスンなので、お教室というよりお茶会を兼ねたようなサロン形式になっています。

なので、ちくちくの合間のランチやデザートタイムもお楽しみのうちの一つ。

あと、私がキャンドル好きということもあるのですが、皆様には寛いでいただけるように常にリビングにはたくさんのキャンドル等を灯して…。

この時期はもちろんツリーの灯りも〜。

そうそう!

我が家に初めていらした方に時々言われるのが、「テレビを置いていないお宅なんですね」。

確かに〜。一見すると、うちのリビングにはテレビがないように見えます。

が、

実はあるんですー。

ここに。

え?

と思われた方のために、タペストリーをちょこっとめくってみましょう。

壁に顔をピタッとくっつけるように横から見ると…。

テレビはここに隠してあります。

黒い画面がリビングにドンッとあるのが嫌なので、タペストリーの裏側に設置することにして、こうなりました。

テレビを見る時にはタペストリーをくるくると巻き上げればOK!

見た目も良いし、何よりテレビのダラダラ見がなくなるので、一石二鳥です。

ハーダンガー

ハーダンガー刺繍のビスコーニュ完成

投稿日:

寄り道ステッチで刺し始めたビスコーニュが完成しました。

冬の季節に恋しくなるグリューワインをイメージした作品です。

オリジナルデザイン。
30ctリネン使用。


モチーフの所々にピンクのパールビーズでアクセントをつけてみました。

そして、ビスコーニュの縁にはピンクベースのキラキラなシードビーズで飾りつけ。

刺繍リネン、刺繍糸、内布、ビーズ。これら全ての色を上手く合わせるのに少々苦労しましたが、何とかまとまった…かな。

カルトナージュ

刺繍レッスンの風景

投稿日:

ふと気がつけばもう11月もお終いですね。

我が家でも徐々にクリスマスの準備をし始めていて、先日のレッスンからはリビングテーブルのクロスもサンタ柄に切り替えました。

今日は刺繍教室の皆様方の作品をお披露目しますね。

ハーダンガー刺繍の他にクロスステッチも。


こちらのYさんはクリスマスの作品を刺し始めています。

こちらの白リネン。

織り糸の間にキラキラとしたラメがたくさん織り込まれていて、それはそれは美しい布です。

クリスマスにぴったりな刺繍布。

出来上がりが楽しみですね。


そして…。

Yさんの刺繍のお道具箱もとっても素敵なんですよ。

Yさんがパリに住んでいらした時に作ったというカルトナージュ。

中もとっても美しい上に機能的。

糸玉やハサミ等々がすっきりと収納できて、持ち運びしやすいんですって。


最近、私もカルトナージュのお教室をすっかりご無沙汰しているのですが、また習いに行かなくちゃ。

こういう素敵な箱を作ってみたいな。

ハーダンガー

ハーダンガー刺繍レッスン風景

投稿日:

秋休暇の前後しばらく教室をお休みしていたので、今日は久しぶりの自宅レッスンでした。


お弁当を作って家族をそれぞれの場所へ「行ってらっしゃーい!」と送り出した後は、急いで身支度して掃除。

ティータイムの準備をしつつ、ラジオのクラシック専用チャンネルをかけながら朝のちくちくタイムです。

今週に入って氷点下になる日もあったオランダですが、今日は少し暖かい。

日中は9℃まで気温が上がって、久しぶりに少し晴れました。

これからの季節。オランダは暗くて寒い日が続いて家にこもりがちになるので、ちくちく時間がぐっと増えます。

なので、私はけっこう秋冬のオランダが好き。


さて、そんなこんなで皆さんが集まって、賑やかにお喋りしながらのちくちくが始まりました。

その合間にランチタイム。

最近は通常レッスンでも軽いランチをお出しすることにしているのですが、今日のメニューはパンプキンスープと自己流スペイン風オムレツ。

ジャガイモ、玉ねぎ、合挽き肉、エシャロット、にんじん、ケール、チーズが入っています。

この一切れで栄養たっぷり。

フランスパンをつけたかったのですが、うっかりストックを切らしていたので、朝急いでアップルシナモンケーキも焼いておきました。


ちなみに、私の刺繍教室は課題をこなすようなそういうレッスン形態は取っていません。

オランダ生活の癒しになれば…という目的でやっているサロン的教室なので、とにかくレッスン時間を楽しんでいただくことを心がけています。

そんなわけで、生徒さんお一人お一人が各自お好きなものをマイペースで刺していく。

私はそれをお手伝いする。

という感じの、ゆる〜いスタイルの刺繍教室です。

中には「今日はちくちくはちょこっとで、お喋りしに来ました〜❤️」という方もいらしたりするくらいのゆるさだったり。

もちろん「がっつり刺したい!」という場合は、どんどん刺していってくださいね。


真冬のオランダでちょっと暇だなぁ何かやりたいなぁ刺繍でもやってみようかな…と思われた方は、どうぞお気軽にお問い合わせください。

ご一緒にちくちくしましょう。

ハーダンガー

寄り道ステッチ:ハーダンガー刺繍のビスコーニュ

投稿日:

クロアチア旅行の続きもまだ書きたいところなのですが、寄り道ステッチ中。

これからの季節に恋しくなるグリューワイン🍷をイメージしました。

ビスコーニュに仕立てる予定です。

30ctリネン使用。
オリジナルデザイン。

布の色が意外と濃くて、どの糸色をどう合わせるか散々悩みました。

やっぱり淡い布色のほうが刺しやすいですね。

 


そして…。

織り糸カット後はこちら。

色が濃い布はカット後の織り糸ツンツンが目立ちやすいのですが、刺繍糸を間違って切らない程度ギリギリに攻めてみたので大丈夫かな。

ビスコーニュに仕立てる際の内布をどうしようか少し迷ったのですが、赤紫っぽい玉虫色のサテン生地を選んでみました。

かがり用の糸色はこれから調整して決めようと思っています。

ハーダンガー

新作:ハーダンガー刺繍のミラーコンパクト

投稿日:

クロアチア旅行の話はいったん中断して…。


今日はハーダンガー刺繍で寄り道ステッチ。

ミラーコンパクトを作成しました。

テーマはお花。

アンティークゴールド色のコンパクトに糸色を合わせてみました。

3色使っています。

40ctリネン使用。オリジナルデザイン。

アクセントとして、中央にバリオンローズを刺し入れてみました。

全体的にアンティークっぽい雰囲気になるように糸色の組み合わせを考えてみたのですが、こんな感じで大丈夫…かな。

お仕立ての時に少しだけ綿を入れたので、ピンクッションとしても使えるかも。

ハーダンガー

新作:デルフト陶器のピンクッション

投稿日:

寄り道ちくちく。

新作のデルフト陶器を見つけたので、試しにピンクッションを作ってみました。

オリジナルデザイン。
40ctリネン使用。
糸はパールコットン8番&12番、スペシャルダンテル80番。

織り糸が詰まっている40ctリネンに8番糸で刺したので、みっちり感のあるぷっくらとしたステッチになりました。

ステッチの隙間から布の織り糸がスカスカしないように刺すのが好きなのですが、みすや針の寸一サイズに8番糸を通すのはなかなかコツがいります💦

今回、実は針の糸通しに一番難儀しました。

が、40ctリネンには寸一サイズの針以外は太くて使えないので、いつも頑張って通しています。


そして…。

完成したばかりのこのピンクッションを「ねぇ見てみて〜」と、息子に強制的にお披露目したら…。

「おぉ!綺麗だね。でも、ママのほうがもっと綺麗だよ」

息子16歳。

ひたすら妻に仕える執事体質の父親を間近に見て育っているせいか、女性の扱い方をよく分かっている。

ええ子やぁ…(笑)

ちなみに、夫がいかに執事体質かというと…。

こちらの花束は先週夫がプレゼントしてくれたものなのですが、別にお誕生日でも記念日でも何でもない。

先週はちょっと夫の仕事ディナーが立て続けにあって、私がめちゃくちゃ寂しがっていたので、そのお詫びに…という感じでプレゼントしてくれただけ。

おまけに「写真撮るから持ってて」と言ったら、夫は「このほうが撮りやすいよね」とその場に跪いてくれちゃう。

どんだけ執事体質なんだか〜(笑)

でも、そのお陰で私は楽させてもらっています。