ハーダンガー

ハーダンガー刺繍のビスコーニュ完成

投稿日:

寄り道ステッチで刺し始めたビスコーニュが完成しました。

冬の季節に恋しくなるグリューワインをイメージした作品です。

オリジナルデザイン。
30ctリネン使用。


モチーフの所々にピンクのパールビーズでアクセントをつけてみました。

そして、ビスコーニュの縁にはピンクベースのキラキラなシードビーズで飾りつけ。

刺繍リネン、刺繍糸、内布、ビーズ。これら全ての色を上手く合わせるのに少々苦労しましたが、何とかまとまった…かな。

カルトナージュ

刺繍レッスンの風景

投稿日:

ふと気がつけばもう11月もお終いですね。

我が家でも徐々にクリスマスの準備をし始めていて、先日のレッスンからはリビングテーブルのクロスもサンタ柄に切り替えました。

今日は刺繍教室の皆様方の作品をお披露目しますね。

ハーダンガー刺繍の他にクロスステッチも。


こちらのYさんはクリスマスの作品を刺し始めています。

こちらの白リネン。

織り糸の間にキラキラとしたラメがたくさん織り込まれていて、それはそれは美しい布です。

クリスマスにぴったりな刺繍布。

出来上がりが楽しみですね。


そして…。

Yさんの刺繍のお道具箱もとっても素敵なんですよ。

Yさんがパリに住んでいらした時に作ったというカルトナージュ。

中もとっても美しい上に機能的。

糸玉やハサミ等々がすっきりと収納できて、持ち運びしやすいんですって。


最近、私もカルトナージュのお教室をすっかりご無沙汰しているのですが、また習いに行かなくちゃ。

こういう素敵な箱を作ってみたいな。

ハーダンガー

ハーダンガー刺繍レッスン風景

投稿日:

秋休暇の前後しばらく教室をお休みしていたので、今日は久しぶりの自宅レッスンでした。


お弁当を作って家族をそれぞれの場所へ「行ってらっしゃーい!」と送り出した後は、急いで身支度して掃除。

ティータイムの準備をしつつ、ラジオのクラシック専用チャンネルをかけながら朝のちくちくタイムです。

今週に入って氷点下になる日もあったオランダですが、今日は少し暖かい。

日中は9℃まで気温が上がって、久しぶりに少し晴れました。

これからの季節。オランダは暗くて寒い日が続いて家にこもりがちになるので、ちくちく時間がぐっと増えます。

なので、私はけっこう秋冬のオランダが好き。


さて、そんなこんなで皆さんが集まって、賑やかにお喋りしながらのちくちくが始まりました。

その合間にランチタイム。

最近は通常レッスンでも軽いランチをお出しすることにしているのですが、今日のメニューはパンプキンスープと自己流スペイン風オムレツ。

ジャガイモ、玉ねぎ、合挽き肉、エシャロット、にんじん、ケール、チーズが入っています。

この一切れで栄養たっぷり。

フランスパンをつけたかったのですが、うっかりストックを切らしていたので、朝急いでアップルシナモンケーキも焼いておきました。


ちなみに、私の刺繍教室は課題をこなすようなそういうレッスン形態は取っていません。

オランダ生活の癒しになれば…という目的でやっているサロン的教室なので、とにかくレッスン時間を楽しんでいただくことを心がけています。

そんなわけで、生徒さんお一人お一人が各自お好きなものをマイペースで刺していく。

私はそれをお手伝いする。

という感じの、ゆる〜いスタイルの刺繍教室です。

中には「今日はちくちくはちょこっとで、お喋りしに来ました〜❤️」という方もいらしたりするくらいのゆるさだったり。

もちろん「がっつり刺したい!」という場合は、どんどん刺していってくださいね。


真冬のオランダでちょっと暇だなぁ何かやりたいなぁ刺繍でもやってみようかな…と思われた方は、どうぞお気軽にお問い合わせください。

ご一緒にちくちくしましょう。

ハーダンガー

寄り道ステッチ:ハーダンガー刺繍のビスコーニュ

投稿日:

クロアチア旅行の続きもまだ書きたいところなのですが、寄り道ステッチ中。

これからの季節に恋しくなるグリューワイン🍷をイメージしました。

ビスコーニュに仕立てる予定です。

30ctリネン使用。
オリジナルデザイン。

布の色が意外と濃くて、どの糸色をどう合わせるか散々悩みました。

やっぱり淡い布色のほうが刺しやすいですね。

 


そして…。

織り糸カット後はこちら。

色が濃い布はカット後の織り糸ツンツンが目立ちやすいのですが、刺繍糸を間違って切らない程度ギリギリに攻めてみたので大丈夫かな。

ビスコーニュに仕立てる際の内布をどうしようか少し迷ったのですが、赤紫っぽい玉虫色のサテン生地を選んでみました。

かがり用の糸色はこれから調整して決めようと思っています。

ハーダンガー

新作:ハーダンガー刺繍のミラーコンパクト

投稿日:

クロアチア旅行の話はいったん中断して…。


今日はハーダンガー刺繍で寄り道ステッチ。

ミラーコンパクトを作成しました。

テーマはお花。

アンティークゴールド色のコンパクトに糸色を合わせてみました。

3色使っています。

40ctリネン使用。オリジナルデザイン。

アクセントとして、中央にバリオンローズを刺し入れてみました。

全体的にアンティークっぽい雰囲気になるように糸色の組み合わせを考えてみたのですが、こんな感じで大丈夫…かな。

お仕立ての時に少しだけ綿を入れたので、ピンクッションとしても使えるかも。

ハーダンガー

新作:デルフト陶器のピンクッション

投稿日:

寄り道ちくちく。

新作のデルフト陶器を見つけたので、試しにピンクッションを作ってみました。

オリジナルデザイン。
40ctリネン使用。
糸はパールコットン8番&12番、スペシャルダンテル80番。

織り糸が詰まっている40ctリネンに8番糸で刺したので、みっちり感のあるぷっくらとしたステッチになりました。

ステッチの隙間から布の織り糸がスカスカしないように刺すのが好きなのですが、みすや針の寸一サイズに8番糸を通すのはなかなかコツがいります💦

今回、実は針の糸通しに一番難儀しました。

が、40ctリネンには寸一サイズの針以外は太くて使えないので、いつも頑張って通しています。


そして…。

完成したばかりのこのピンクッションを「ねぇ見てみて〜」と、息子に強制的にお披露目したら…。

「おぉ!綺麗だね。でも、ママのほうがもっと綺麗だよ」

息子16歳。

ひたすら妻に仕える執事体質の父親を間近に見て育っているせいか、女性の扱い方をよく分かっている。

ええ子やぁ…(笑)

ちなみに、夫がいかに執事体質かというと…。

こちらの花束は先週夫がプレゼントしてくれたものなのですが、別にお誕生日でも記念日でも何でもない。

先週はちょっと夫の仕事ディナーが立て続けにあって、私がめちゃくちゃ寂しがっていたので、そのお詫びに…という感じでプレゼントしてくれただけ。

おまけに「写真撮るから持ってて」と言ったら、夫は「このほうが撮りやすいよね」とその場に跪いてくれちゃう。

どんだけ執事体質なんだか〜(笑)

でも、そのお陰で私は楽させてもらっています。

ハーダンガー

日本でのハーダンガー刺繍ワークショップ

投稿日:

もう1ヶ月以上も前の話になりますが、今年も岡田美里さんのアトリエでハーダンガー刺繍ワークショップを行いました。

今年の一時帰国は少々忙しくしていたこともあり、開催回数は2回。

どちらの日もテーブルの人数いっぱいの方々が参加してくださって、嬉しい限りです。

去年と同様に、今年も大阪や名古屋など遠くから新幹線等で駆けつけて下さった参加者の方々もいらして…皆さまと賑やかなちくちくタイムをご一緒させて頂きました。


今回のワークショップ内容は、こちらのキャンディークッション。

デザインは2種類用意したので、各自お好きなほうを選んで刺して頂きました。


皆さま、せっせと刺していらっしゃいます。


そうそう!
ワークショップでは両日ともアトリエのご近所猫ちゃんが遊びに来てくれました。

名前はクロちゃん。そのままです。

とても人懐っこいおとなしい猫ちゃんで、初めてでも撫で撫でさせてくれました。

うちのご近所猫のマシュと言い、なんか最近はやたらと猫ちゃんとご縁があるようです。


さてさて、今回のワークショップ。

美里さんのアトリエに在庫として置いてあった鯖江の刺繍枠を分けて頂きました。

参加者の皆さんもほとんどの方がそれぞれ好きなデザインのものをお買い求め。

私はこちらの新作アイボリーにしてみましたが、大理石のような模様でとっても素敵!

こちらのブルーの新作を選んでいらっしゃる方たちもいらっしゃいました。

宝石のような輝きを放っていて、実に美しいですねー。


去年参加された方々が半数を占めた今年のワークショップ。

この一年の間にご自宅で刺したものをご持参された方々もいらして、目の保養になりました。

あと、去年のワークショップでやったデルフト陶器ピンクッションをお持ちくださった方も。


去年から始めた日本でのワークショップ。

お陰様でたくさんの方たちが参加してくださって、とても励みになります。ありがとうございます。

来夏も一時帰国を予定していますが、また日本のステッチャーの皆さまとお会いできる日をとても楽しみにしています。

ハーダンガー

ハーダンガー刺繍の新作完成

投稿日:

ブログはだいぶご無沙汰してしまっています。

一時帰国を終えてオランダに戻ってきてから1ヶ月ほどが経ちましたが、この間少々忙しくしていてブログ更新が滞っておりました。

日本でのワークショップのこともまだ全て書けていませんが、これから過去に遡って追い追い書いていきたいと思っています。

でも、その前に…。

数日前にこちらの作品が完成したので、まずはお披露目。

ハーダンガー刺繍のテーブルセンターです。

布を極限までカットしましたが、崩壊もせず無事に完成してホッと一安心。

デルフト陶器と風車をイメージしたオリジナルデザインです。

36ctリネン使用。

途中で放置していた期間が1年以上はあったので、完成までに2年ほどかかりました。

総手描きのデルフト陶器とKLMデルフトハウスと一緒に並べてみました。

デルフトブルー尽くしですね。

この色合い、やっぱり大好きです。

ハーダンガー

都内でプライベート刺繍レッスン

投稿日:

本日は都内の由緒あるお寺さんでプライベートの刺繍レッスン。

受講者のお一人の方のご自宅をお借りました。


いろいろとお心遣いをいただいて感謝です。

さて、このレッスンには同じ刺繍教室に通われているという7名の方々がいらっしゃいました。

そのうち、1名の方には虹のビスコーニュを講習。

インスタに載せていたこちらの作品をご覧になったようで、「ビスコーニュを作りたい」というリクエストを受けました。

そして…。

他の6名の方にはデルフト陶器のピンクッションを。

毎年夏は一ヶ月ほど日本に戻るのが慣例になっているのですが、何人かの方たちで日にちを一緒にできるのであれば、個人的なワークショップをお受けしたりもしています。

来年も一時帰国を予定していますので、ご希望があれば早めにメールでご相談をお寄せください。


さて、今度の土曜日はいよいよ岡田美里さんのアトリエでのワークショップ

ただ今キャンディークッションの準備の最終チェック中です。


刺し方の実物工程見本品も持ってきますね。

お申し込みしてくださった皆様とお会いできますことを楽しみにしています。

ハーダンガー

一時帰国直前!ハーダンガー刺繍レッスン

投稿日:

一時帰国前の刺繍レッスン。

次回のお教室はまたオランダに戻ってきてから…になるので、しばらく間が開いちゃう。

というわけで、今日はテーブルの椅子に座れる人数いっぱいいっぱいで、賑やかに皆でちくちくタイムを楽しみました。

もちろん、いつものように簡単ランチと午後のティータイムを挟みながら♪

ただ、今日はこれが最後のレッスンになる方が一人…。Tさん。

横移動で別の国に赴任するため、オランダを去ります…。

こういう日がいつか来ることは分かっていたのですが、めちゃくちゃ寂しい…。

Tさんとは刺繍以外のところでも家族ぐるみで深くお付き合いしていて、うちの子も相当お世話になりました。

いつもいつも精神的にも物理的にもかなり支えてもらっていて、もう感謝しかないです。

ありがとう♪

これからもスカイプ等でおしゃべりできるし、会う機会もあるので、またその時まで。

Tさんには、オリジナルデザインのデルフト陶器ピンクッションを今までのお礼としてプレゼント

次の赴任先でもちくちくタイムを楽しんでね。