オランダ生活

お小遣いから所得税!?

投稿日:


基本的に悪天候の日が多いオランダですが、時折こういう爽やかな日もあるので、そういう時には庭ちく。

どんなに気温が上がっても空気がサラッとしているので、快適です。


さて…。

本日は我が家の15歳の話。


4月から延々と続いている中等教育卒業試験。

この科目の中に経済学があるのですが、好きな科目なので嬉々として勉強しています。


そのせいなのか、数日前に今月のお小遣いをあげようとしたら…。

「うちの所得税って50%なんでしょ? 自分も経済学的にそれを体感してみたいから、お小遣いから50%を天引きして」

え? えーっ!?

ただでさえ そんなにお小遣いはあげていないのに、半分引いたら雀の涙の額になっちゃう。

なので、

「だったら、お小遣いの額を上げてあげるから、そこから50%引くことにしようか?」と提案。

でも、子どもは

「いや、いい。お小遣いをもらいすぎると、子どもってダメになるんだよ」。

そこへ 夫の提案。

「最初から所得税50%はキツいと思うよ。オランダの所得税は35%から始まるから、まずはお小遣いの35%をパパたちに渡すことにしたほうがいいんじゃない?」

そうしたら…。

その額を暗算した子どもが「分かった。じゃ、そうする」


というわけで、今月からお小遣いの35%を所得税として、親におさめることにした我が子。

でも、本当にそれでいいの?と思って、再度子どもに確認。

「 35%分、後でそのうち返したほうがよくない?」

でも、子どもいわく「それ税金のつもりだから。返すとか、そういうのは違うから。教育に還元するとか、ママたちがそういう使い方をしてくれればいいから」。

子どもを見ていて思うのですが、中学生の頃からみっちりと経済学を教わるのはなかなか良いのかも。

税金を支払わなければいけない必要性や重要性もよく理解しているようで、社会をうまく回すシステムを考えるきっかけにもなっているようです。


ハーダンガー

ハーダンガー刺繍教室

投稿日:

子どもはまだまだ、怒涛の中等教育卒業試験の真っ最中。

私もそのサポートを最優先させている日々が続いています。

でも、その合間にハーダンガー刺繍教室。

先日は体験レッスンの方も交えて、ランチタイムを挟みながら5人で賑やかに〜。

ハーグの中華街で売っているという中華パンをたくさんお持ち下さった方がいらしたので、前日に仕込んでおいたエルテンスープに添えさせていただきました。

中華パン、とっても美味しかった〜。ありがとう♪

他にもHEMAの抹茶チョコレートをお持ち下さった方も。

抹茶チョコがHEMAに置いてあるなんて知らなかった。

こっちも美味でした♪

そして、この日は3歳の可愛らしい女の子も一緒。

愚図っているところを今まで一度も見たことがなく、いつもママの傍らで品良く過ごしています。

「あ~こういうお子さんもいるのねぇ…」と感心しながら、我が子の 大変な3歳怪獣児だった頃を今では懐かしく思い出します。


こちらはMさんの刺しかけの作品。

リネンと糸の色合わせがとっても素敵ですね♪


裏庭ではブルーのお花が満開です。

バラは蕾がかなり膨らんできているので、そろそろかな。

来月のレッスンではどこかで庭ちくができそう♪

でも、相変わらずオランダは寒いです…。

この週末は20℃越えの予報が出ているので、ちょっと楽しみ〜♪

お知らせ

夏のハーダンガー刺繍ワークショップ

投稿日:


今年の夏もまた一時帰国に合わせて、岡田美里さんのアトリエでハーダンガー刺繍のワークショップを開催させていただくことになりました。

可憐なプチキャンディークッションを作ります。

お申し込みは「岡田美里公式オンラインショップJam of Wonder」から直接よろしくお願いいたします。

◆日時:
8月3日(土)11:00〜16:00
8月9日(木)11:00〜16:00
※同じ内容の講習です。ご都合の良い日にちをどちらかお選び下さい。

◆場所:
岡田美里さんの成城アトリエ

※一日で仕上がるデザインではないので、残りは各自ご自宅に持ち帰って仕上げていただくことになります。

※参加者の皆様には私のLINEアカウント等をお知らせしますので、オランダに戻った後でもメッセージ機能やビデオ通話等を用いて、完成まできちんとフォローさせていただきます。

◆講習代金に含まれるもの
1.当日レッスン代
2.オリジナルチャート2種類
3.材料費
4.みすや針
5.後日LINE等での個別レッスン代(完成まで何回でもコンタクト可)

今回もちくちくタイムの針休めとして、オランダの焼き菓子等を持参します。

心地良い空気感あふれる素敵なアトリエで、ゆったりとした優雅な時間をご一緒いたしましょう。

イタリア刺繍

イタリア刺繍と猫ちゃん&ハリネズミ

投稿日:

久しぶりのイタリア刺繍レティチェロ。

あまりにも久しぶり過ぎて、なんか細かいところを忘れている。

とりあえず思い出して刺していますが、やっぱりレティチェロは優雅な刺繍だわぁと思います。

さすがイタリア!
フィレンツェ発祥の刺繍です。

ちなみに、これはハーダンガー刺繍と組み合わせてキャンディークッションに仕立てる予定。

36ctリネン使用。
オリジナルデザイン。


それはそうと…。

先日の夜、裏庭にハリネズミが遊びにやって来ました。

そして…

続いてやって来たのは、ご近所ネコのトラ。

てっきりハリネズミを追いかけるのかと思ったら…。

トラは窓越しに私たちをジーッと見上げるばかり。

その間、ハリネズミはトラに近づく。

でも、トラは全くハリネズミに無関心。

ひたすらこちらを見上げて、ジーッ。

猫の本能はいずこへ???


このトラたん。

最近 裏庭によく遊びに来るようになったのですが、やたらボーッとしていて心配になるレベル。大丈夫かな…。

以前から我が家に懐いている同じご近所猫のマシュより体も顔も大きくて、最初にこっちに近づいてきた時には本気で怖かったのですが、実におっとりとした性格です。

目力が凄いのですが、可愛らしいトラたんです。


って、我が家の裏庭。

色んな子たちがやってきて、なかなか楽しい空間になっています。

オランダ生活

今年のイースター休暇

投稿日:

今年のイースター休暇も終わりました。

快晴続きで気温高めのイースターだったので、正にお出かけ日和!

でも、我が家は子どもが中等教育卒業試験に向けて猛勉強中なので、ずっと家。

夫が子どもの家庭教師です。

というわけで、毎日のようにお庭でランチ&午後のお茶をして…という感じで過ごしていました。

私も毎日、子どもの傍で庭ちく。時折はワインも〜。

オランダは風が爽やかで虫もあまりいないので、春夏は庭ちく率が増えます。

そして…。

ずっとお庭で過ごしていると、いつの間にかご近所ネコのマシュが足元に…。

我が家を気に入ってくれているようで、1時間でも2時間でもずっと傍にいます。


芝生の上でお昼寝も。


吸い込まれそうなライトブルーの瞳がとっても美しいネコちゃんです。


イースター休暇中はこんなわけで外には出かけられないので、友人たちを招いてお庭でお茶会(飲み会?)も。

カクテル作りが趣味の夫が腕を奮ってくれました。

そして…。

我が家の定番。抹茶シフォンケーキです。

さて…。

子どもは引き続きお休みですが、イースターが過ぎて夫は仕事に復帰。

ツイッター上で「ただ今オランダは16連休中〜」という情報が流れていますが、それ全く違いますから〜。

16連休なのは、高校までの子どもたち。単なる学校休みです。

というわけで、会社も役所も病院も大学も通常どおりです。

年間祝日がとっても少ない国。それがオランダ。

その代わり、夏に有給休暇をまとめて取得する人が多いです。

というか、祝日がほとんどないので、有給を使わないと休めません。

ハーダンガー

ハーダンガー刺繍:体験レッスン&通常レッスン

投稿日:

オリジナルデザインのテーブルセンター。36ctリネン使用。

ただ今、ウーブンバーとバリオンステッチを交互に刺している最中です。

外側をあと2周ほど かがれば仕上がるのですが、同時進行中の他の作品たちを優先したいので、これはゆっくりと…。

まぁ隙間時間に少しづつでも刺し続けていけば、いつかは完成するでしょう(笑)。


さて…。

先週末に子どもが学年末を迎えました。

もちろん他の学年の生徒たちは7月初旬まで授業が続きますが、うちの子たちの学年はこれから中等教育卒業試験が本格化するので、今年度の学校はもう終了です。

というわけで、これから夏まで長い学校休みに入りますが、試験勉強で相変わらず大変な毎日…。

子どもがずっと家にいるので刺繍レッスンも気持ち的には少しセーブしていますが、レッスンをするお部屋は1階。子供部屋は3階。

物理的な支障はないので、今までどおりのレッスンを続けています。

体験レッスンも通常どおりですので、先日も新しい方がお見えになりました。

ロッテルダム在住のSさん。

話していたら、共通の知り合いもいることも分かり、何だか昔なじみのような感覚…。

とても器用な方で、体験レッスンのコースターもとても美しく仕上がりました。


この日は通常レッスンの常連さんたちもご一緒だったので、ワイワイと賑やかに…。

お一人様から体験レッスンは受けつけていますが、場合によっては他の方たちと一緒のレッスンになったりします。

他の方の作品を目にしたり、色々とお喋りできたりすることで、「初めまして」の体験レッスンの方にも楽しく過ごしていただいているようです。

というわけで、皆でちくちくしている合間のランチタイム。

いつもパン食なのですが、たまにはご飯ものを…。

炊飯器にお任せの炊き込みご飯。

あとは冷蔵庫にストックしてあった手作りキムチ。

そして、手作りピーナッツ豆腐わさび添え。

この二つはお料理教室で教わったもので、我が家の定番お惣菜になっています。


午後のお茶タイムには抹茶シフォンケーキをお出ししました。

前日に炊いておいた小豆餡とホイップ生クリームを添えて…。

お料理はいつも義務感で作っているタイプなのですが、お菓子作りは大好き!

特にシフォンケーキは我が家の定番なので、レッスン中にはけっこうな頻度でお出ししてしまっているかも…。


おまけ画像。
刺繍レッスン常連さんのTさん作。

36ctリネンに刺したシザーキーパー2種。

Tさんの個性的な色糸合わせには、いつもハッとさせられます。

とても素敵ですよね。

オランダ生活

春のランチデート

投稿日:


オリジナル作品。
桜色のハーダンガー刺繍と赤ワインの組み合わせは、春らしさが増す感じ…。


そんな春真っ盛りのオランダ。

夫とデンハーグの街でランチデートです。

子どもが学校に行っている平日昼下がり。デンハーグ在住のお友達に教えてもらったカジュアルフレンチのお店へ。

まずはシャンパンと白ワインで乾杯!

この日は午後から有給休暇を取った夫。たくさん飲んでも大丈夫!ということで、お料理1品につき必ず違うワインがついてくる…というコースがお薦めだというので、それにしてみました。


手のひらサイズのカナッペ。彩りがきれい。

ブルーチーズのサラダ。

ガーリックと青ネギのスープ


カレー風味の白身魚。レモンの香りもして爽やかでした。


プディングとキャラメルポップコーン。アイスワインがなかなかのアルコール度数でした。(これで酔いがまわった気がします…)


食後のエスプレッソ。2種の焼き菓子付き。


シャンパンから始まって白ワインにデザートのアイスワイン。

計6杯。

お昼間からちょっと飲み過ぎましたー。


というわけで、食後はすぐお隣のホテルカフェで小1時間ほど酔い冷ましです。

ここのカフェはとっても重厚感あふれる空間で、落ち着きます。

学齢期の子どもがいるので、夜は夫婦二人だけで食事というのはまだ難しいのですが、お昼間は自由がきくので、もっぱらランチデートです。

オランダ生活

刺繍レッスン:ハーダンガーベル編

投稿日:


春のオランダ。水鳥の雛が生まれる季節です。

近所の運河でも、水鳥の家族を数多く見かけるようになってきました。

まだまだ寒い日々が続いていますが、サマータイムに切り替わり、夜19時頃でも明るくなってきました。

そろそろ庭仕事の季節です。


一方、日本では4月に入り新しい元号が発表されましたね。

令和。

初めて聞いた瞬間に、「とっても響きの良い元号だわぁ」と感じました。

オランダに住んでいると、元号とはすっかり縁遠くなってしまって「今年は元号では何年?」と分からなくなることも多いのですが、平成生まれの子どもに「一つ古い世代の人間になった気分はどう?」と聞いてみたら…。

「なんか不思議な感じだけど、ママたちの昭和に比べたらなんてことないんじゃないの?」と返されました(笑)。

そんな我が子。ただ今15歳。

中等教育卒業試験が先月からぼちぼちと始まり、今月から本格的になってきました。2000ワード程度の論文2つ(社会学、歴史)は先月中に提出し終わりましたが、9科目28個のテストが6月中旬頃まで怒涛のスケジュールで続きます。

この卒業試験。毎年の進級テストに毛が生えた程度のものだと勝手に思い込んでいたのですが、蓋を開けてみれば…。内容的には、日本の大学入試センター試験レベル。全て記述式ということもあって、弱冠15歳の子どもたちには鬼のようなプログラムです。

それぞれの子どもによって選択する科目は違うのですが、うちの子が取っているのは、数学、物理、化学、経済、ICT、オランダ語、英語、歴史、社会学。

理系科目は昨年末の段階で日本の高2レベルが完全に終了し、今現在の授業は試験準備のためにひたすら過去問に取り組んでいるようです。

論理的にものを考え、それを論理的に記述する…。全ての科目でこの能力を問われるので、頑張り方を間違えるとなかなか点数が伸びない。学校の先生方もそれほど面倒は見てくださらないので、親も本当にキツいです…。

我が家では、夫が全ての科目の家庭教師。夫がいてくれて助かった〜!という感じです。(社会学の論文を書くにあたっては、よその方に家庭教師をお頼みしました。)

そんなこんなで、自分の15歳の頃と比べると子どもにはだいぶ苦労をさせている気がしますが、この試験を通して精神的にもかなり成長している感じの我が子。

母としては美味しいご飯やおやつを作って応援することしかできませんが、刺繍もあるので、ね。見守りつつ、叱咤激励しつつ、後は本人の頑張りに任せるしかない…です。


というわけで、少々前置きが長くなってしまいましたが、ここからは刺繍レッスンの話。

先日のレッスンでは、ハーダンガーベルを伝授。

こちらはSさんの初ハーダンガーベル作品です。

とっても可憐に仕上がりました。

裾をくるんとさせる秘伝のコツもお伝えしたので、これからはお一人でどんどんベルを作れると思います。

たくさん作って、クリスマスツリーの飾りにするのもお薦めです。


レッスン中の合間の軽いランチは、Tさんが持ってきてくださった太巻きを。

いつもちょっとしたランチを、その日のレッスン参加者人数分お持ちくださるTさん。

ご好意にすっかり甘えてしまっています。今回もご馳走様でした。美味しかった〜♪


そんなTさんが今刺しているものは、こちら。

36ctリネンに初挑戦。

刺繍はさみと比べていただくと分かりやすいかと思うのですが、この小ささが繊細さを生み出していて本当に素敵です。


あと、この日は紋章のようなモチーフのステッチも伝授。

目数をそれほど数えなくても間違えにくく楽に刺せる方法をお伝えいたしました。


そして…。

ちくちくの間のおやつタイム。

最近よく焼いているヨーグルトケーキをお出ししました。

洋梨の薄切りを上に乗せて焼いたので、ほのかに洋梨の甘みも。

お砂糖が少なめでヨーグルトたっぷりなので、健康的なケーキです。


おまけ。

すっかり我が家に懐いているご近所ネコのマシュ。

今日は子ども部屋で寛いでいます。

そして…。

寝てしまいました。

ハーダンガー

ハーダンガー刺繍のレッスン

投稿日:

3月に入り、本帰国が決まった生徒さんがちらほらと出てきました。

日系企業の方々はこの時期の移動が多いようで、毎年3月はちょっと寂しくなります。

アムステルフェーンからいらして下さっている こちらの5人組グループの中からもお一人、今月が本帰国です。

こちらのグループの方たちは、体験レッスンの時からマイライト持参!という実に用意周到な方々。もうもう素晴らしいです♪

私はけっこう暗がりで刺していても平気なので、我が家にはこういうライトがなく…。

レッスンの時には天井のシャンデリアは煌々と点けていますので大丈夫かなーと思っているのですが、レッスン中に明かりが足りない場合にはお申し出くださいね。他の部屋に置いている卓上ライトを持ってきますので〜。


レッスン中はお茶菓子等々並べていますので、ちくちくの合間に適当につまんでいただいています。

なので、レッスン中のテーブルの上は刺繍道具と並んで、ごちゃごちゃとこんな感じ。

この日は甘い焼き菓子の他に、ミートパイをお出ししました。

いつもワイワイとお喋りしながら、ちくちくタイム。

刺繍レッスンというより刺繍サロンと言ったほうがしっくりくる空間ですが、私もいつも各グループの皆様と楽しい時間を過ごさせて頂いています。

幸せ時間♪


でも、お喋りしながらも、皆さんが思い思いにせっせと作品を刺していきます。


来週はまた別のグループのレッスンですが、そちらも本帰国が決まった方が…お一人。

本当に毎年3月は寂しい。

でも、一時帰国の時にお会いできる方たちが増える…という一面もあるので、いつも笑顔でお別れするようにしています。

オランダ生活もそろそろ20年。

数多くの出会いと別れの繰り返し。

慣れたような慣れないような…。

そんな感じの海外生活です。

ハーダンガー

ハーダンガー刺繍のベル

投稿日:

今月に本帰国される生徒さんからのリクエストで、彼女の最後のレッスンはハーダンガーベルの予定。

この作品は刺繍に見えないと言われたりもしますが、しっかりと刺繍です。

私もハーダンガーベルはしばらく刺していなかったので、レッスン前にお仕立ての確認作業を兼ねて、新たに作成してみました。

裾がクルンと少し上向きになるように仕上げると、とっても可愛らしくなります。

アメリカ発のチャートなのですが、チャートどおりの仕立て方法だとクルンとした形にはならないので、そこは独自の方法で。

クルンとさせるコツは、直接それぞれの生徒さん方に伝授しています。


こちらは、先日の手芸フェアで購入してきた刺繍ハサミ。

シルバーコーティングされているので、アンティーク調です。

デザイン重視で購入したハサミだったのですが、機能面でも最高!

とても切れ味が良く、お気に入りのハサミのうちの一つになりました。

そして…。

同じく手芸フェアで購入したアメリカ製の段染め糸。

在庫処理だったようで定価の1/3程度になっていて、一緒に行った友人たちとワイワイしながら、どの色にするか じっくりと吟味。

渋めの色の取り合わせ方が独特なので、刺すと深みのある面白い作品に仕上がる印象です。

太さは8番糸と12番糸の中間…くらいでしょうか。

DMC糸より撚りが緩やかで、手触りが柔らかな感じがします。

優しい感触の糸です。