オランダ生活

風車の日

投稿日:

先週土日は、風車の日でした。

車を走らせていると…。デルフトの風車も勢いよく回っていました。

スーパーに行く途中だったのですが、ちょっと気が向いたので数年ぶりに中に入ってみることに…。

内部の店舗が だいぶリフォームされていて、観光スポットになりそうな雰囲気に様変わりしていました。

以前は小麦粉が少しだけ置かれていて、あとはほとんどペット用品だったのが、今は小麦粉を中心とした食品と料理本など。風車っぽい品揃えで、なかなか良い感じです。

オランダのミニパンケーキ用フライパンも壁にかかっていました。

風車の中には、ここで挽いたお粉を詰める一角も。

あとは、風車の歴史を解説している一角もあります。

それにしても、このデルフトの風車。今まで中に入ったことのある どの風車よりも 梯子階段が急すぎる…。ほぼ90度。

降りる時が本気で怖かった…。手すりが命綱っていう感じです。

でも、急な階段をグルグルといくつも上っていくと、風車の上からはこんな風景が見えます。

ちなみに、風車の動力部分も見ることができます。

帰りがけに ここの風車で挽いたお粉とエルダーフラワーシロップを購入。

気が向いたら、また買いに来よう〜♪

___
そうそう。
風車の中で日本人の母子に会いました。お子さんたちが関西弁で話していて可愛かった!(上記の動画の中にお子さんたちの声がけっこう入っているかも)

で、風車を出てきたら、今度は日本人の父子。こちらは知り合いの方でした。阪大からいらしている研究者家族。

デルフトは、昔から短期中期滞在の日本人研究者がたくさん出入りしている街です。

デルフト観光

ハーダンガー刺繍ワークショップのご縁

投稿日:

先日、日本から嬉しいお客様をお迎えしました。

この夏の一時帰国中に、岡田美里さんのアトリエで数回に渡り 開催させていただいたハーダンガー刺繍のワークショップ

そのワークショップに参加してくださった Iさんがお姉様とご一緒にオランダ旅行へいらっしゃるということで、デルフトにも一日お立ち寄り下さいました。

デルフト旧市街で待ち合わせをした後にデルフト陶器工房の「ロイヤルデルフト」に車でお連れしてから、我が家へ。

 

 

 

フランスから戻ってきた翌日だったので、お茶受けのケーキは近くのお店で買ってきたものでご勘弁を〜。

というわけで、お出ししたものはオランダの代表的なケーキの「トンプース」。

ハロウィンの時期だったので、これはハロウィンバージョン。

普段のトンプースの表面はピンク色です。

 

あと、フランス旅行で買ってきたプチカヌレとマカロンも。

 

オランダらしいお天気の日(一日のうちで何度も雨、曇り、晴れが繰り返される)で、少々悪天候とも言えなくもない日だったのですが、お二人ととても楽しい時間を過ごすことができました。

ご旅行中のスケジュールが詰まっている中、わざわざ時間を作ってくださって、我が家にお立ち寄りくださって本当にありがとうございました。

 

 

帰り際にはご近所ネコのマシュマロちゃんがちょうど遊びに来たり…。

いつもの我が家の風景をご覧いただくことになったのですが、オランダ旅行の1ページにこの日のことを加えていただけたことを有り難く思っています。

 


このブログを訪問してくださる方々の中には東京のワークショップでお会いした方々も数多くいらっしゃるかと思うのですが、オランダ旅行の際にはぜひお声がけください。

旅行トークや刺繍トークに花を咲かせましょう。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ