オランダ生活

クリスマスマーケットの季節

投稿日:

毎年の我が家の慣例行事。

この週末はデ・ハール城のクリスマスマーケットへ出かけてきました。

デ・ハール城は童話に出てくるようなとても可愛らしいお城で、初夏はバラの庭園も楽しめます。

お城の周りを運河が囲んでいます。


デ・ハール城のクリスマスマーケットは、今年で21回目になるのかな。

最初の頃は出店数も少なくてかなり静寂な感じだったのが、5〜6年前から一気に賑やかになってきました。

でも、年数を重ねるごとに混雑が酷くなり過ぎて、ちょっと…という感じ。

来年は夫に有給休暇を取ってもらって、平日に行こうかな。


毎年お城に出店している ここのストロープワッフルは、上品な甘さで美味しい😍

オランダで一番好きな焼き立てストロープワッフル。

年に一度のお楽しみです。

この時期限定のワッフル缶も可愛いの。


焼き立てストロープワッフルは熱々!

甘ーい香りもご馳走です。


そして、このチムニーケーキも年に一度のお楽しみ。

他のマーケットにも出没しているようですが、うちはこのデ・ハール城のクリスマスマーケットでしか出会ったことがない。

チムニーケーキは東欧のお菓子ですが、焼いている様子がこれまた面白いの。

そしてそして…。

デ・ハール城のクリスマスマーケットではこれも定番!

柔らか〜いクリームのような感じのふわふわマシュマロが中に詰まっているチョコレート菓子です。

これは、家へのお土産で箱買いしてきました。

 

クリスマスマーケットでは木靴のハイヒールも売られていましたよ。

 

初めて見かけたましたが、ちょっと歩きにくそう。

でも、目立ちますね。


デ・ハール城のクリスマスマーケットは、毎年5日間だけという短い開催。

でも、もしこの時期にオランダに観光等で来られる方がいらっしゃれば、ぜひ立ち寄ってみて下さい。

入場料がかかりますが、お城を眺めながらのお買い物はとても楽しいと思います。

オランダ生活

中等教育修了式

投稿日:

また大分ブログをご無沙汰していました。

色々と書きたいことは溜まっているので、今月は振り返り記事を書きたいと思っていますが、とりあえず直近の出来事から…。


我が家の16歳の息子。
既にIBDP生としてのスタートを切っていますが、遅ればせながらここでIGCSEディプロマ授与式がありました。

いわゆる中等教育修了式です。

でも、生徒たちの中にはやたらめったら大人な雰囲気の子たちが何人もいて、後で息子に聞いてみたら、やはり20歳前後の子たち。

落第はよくあることなので、同学年に違う年齢の子たちが沢山いるのは至って普通です。

ただ、IB試験受験資格は19歳まで。

なので、その大人な子たちはIGCSEディプロマを取得してもIBDPコースへは進まず、HBO(高等職業教育学校)へ入学したり、どこか企業で働き出したり…。

それぞれ進路は分かれます。


ちなみに…。

会場にはプロのカメラマンもいらしていて、式典後にはレセプションの合間に別室で各家族の写真を撮ってくれたり…。

良い記念になりました。

オランダ生活

オランダで空手

投稿日:

子どもが「空手をやりたい!」というので、金曜夜は稽古へ初参加。

とても感じの良いスペイン人の先生いわく、「実際に道場に入るかどうかは、何回か体験稽古をしてからゆっくりと決めてもらって構わないです」。

というわけで、一時帰国の前にあともう1回、体験稽古に行くことに…。

が、子どもの様子を見た感じではたぶん入ると思います。

ついでに、夫も「一緒にやりたくなってきた」と言っているので、おそらく父子で入門ということになりそうです。

皆さんがとても親切で、特に子どもにずっと型をつけて下さっていたオランダ人の年配男性は、ライデン大学卒の日本留学経験ありの方。

「だいぶ日本語は忘れてしまったんですが、ね」と言いつつも、英語やオランダ語を話している最中に突然日本語になったり…と、ちょっと面白い。

道場は 英語が共通語。

でも、もちろんオランダ語も混ざるし、技の名前は全て日本語。

子どもの語学に関しては、特に問題なし…です。


ただ、ここの道場。黒帯率が高いんですけど〜。

その中でも、他の黒帯の方とは明らかに動きが違う女の子もいたりして(先生いわく、つい最近の国際大会で一位に輝いたらしいです)、うちの子 大丈夫かしら〜?💦

まぁやる気満々なので、一時帰国中に空手着を購入してきましょう♪


道場からの帰り道。

夜9時過ぎのデルフト。

夏至は過ぎましたが、この時間でもまだまだ明るいオランダです。

そして…。

帰りがけにアイス♪

やっぱりここのアイスが一番!

家に戻ったら、玄関前でマシュがスフィンクス座りでお出迎え。

「車がないにゃ…」と、ずっと待っていてくれたのかな。

もう本当に可愛いわ♪

オランダ生活

お庭BBQ

投稿日:

先日の日曜日。

友人夫妻2組をお招きして、今年初めてのBBQパーティー。

でも、まずBBQの前に乾杯して、シャンパンやビールを飲みながらの前菜タイム。

私は氷を入れて飲むフルーツビールがお気に入り。

BBQパーティーは午後2時〜夜9時過ぎまで。

でも、楽しかったから、あっという間に時間が過ぎちゃった。

この間、相変わらずご近所猫のマシュは何度も遊びにやって来て、くつろぎまくり。

「この家に出入りする人たちは皆いい人にゃ♪」とでも思っているのか、友人たちにも全く警戒心がない。

思いっきり懐いていました。

でも、猫毛アレルギーの人のところにしつこく寄って行くのにはちょっと困った…。

「この人だけ撫でてくれていないにゃん」とでも思ったのかな。

なんでこんなに人なつっこいんでしょ???


置物のようなマシュです。

Mies Bloch(ミース・ブロッホ)

デルフトのアンティークマーケット

投稿日:

先週末も我が家への訪問者が多かったのですが、どうしても探したいものがあったので、その隙間を縫ってデルフト旧市街のアンティークマーケットへ出かけてきました。


マルクト広場にある市庁舎が青空に映えます。

でも、この日は最高気温が30℃越え。

オランダにしては暑すぎる日だったせいか、いつもの晴れた土曜日より人が少ない…。


午後のけっこう遅い時間帯に出かけたのですが、かなり商品が残っていました。


こんな感じに、運河沿いの木に無造作にかけられた刺繍タペストリー。

もちろんこれも売り物。

オランダのクロスステッチ作家ミース・ブロッホのデザインです。

そして…。

こちらが懇意にしている刺繍専門店。


オランダのクロスステッチ作品を数多く取り扱っています。

アンティークものなのでその時々で品揃えは異なるのですが、この日は数多くのミース作品がありました。

珍しくハーダンガー刺繍も。

これは特に購入することはなかったのですが、刺し方とかじっくりと眺めてきました。

昔の人たちの手仕事ぶりを間近に眺められるのも、こういうアンティークマーケットの良さです。

それにしても、この土曜日は暑すぎました。

風は爽やかなので日陰は涼しいのですが、いかんせん日向はじりじりとくる暑さ。

早々にアイス店に避難。

ブラックハワイというアイスを注文してみたのですが…。

どこからどう味わってもココナッツ。

なんで真っ黒なんでしょう???


さて…。

翌日の日曜日からは、すっかり普段通りの気温のオランダ。

20℃前後。

風がちょっと肌寒いのですが、オランダはやっぱりこのくらいの気温がよく似合う気がします…。

オランダ生活

我が家の楽しい訪問者たち

投稿日:

相変わらず、ご近所猫のマシュは日に何度も遊びにやってきます。


安心しきっているのか、裏庭で勉強する子どもの横で熟睡することも多々あり…。

うちの子じゃないのに、やたら寛ぎモードのマシュです。

実に不思議な猫ちゃん。

そして…。

夕方になると、今度は前庭に現れるマシュ。

仕事から戻ってくる夫の車をじーっと待っているようです。


あっ! 目が合っちゃった。

でも、さっき撫で撫でしに外に出たばかりだし、夕飯の準備中なので見なかったことにしましょ。


先日は、夕方キッチンで料理していたら、開け放していたリビング窓からいつの間にかマシュが家の中に入ってきたようで、勝手に階段を上って2階を探検していました。(子どもは3階にいて気づかなかったらしい)

見つかってちょっと決まり悪そうにしていたマシュには、「お家の中に入ってきたら、ちゃんとニャ〜ンってご挨拶してね」と言い聞かせたけど、分かっているのかなぁ?

センサー式ベルがどこかに余っているはずなので、リビング窓につけようかな…と思案中です。


そうそう!

うちの裏庭。

ハリネズミのモグたんも出入りしているんですよ〜。

ちっちゃな訪問者がやたら多い我が家です(笑)

オランダ生活

刺繍レッスンと飲み会

投稿日:

先週の刺繍レッスンの日から連日、昼も夜もお客様続きの我が家。

子どもの卒業試験が終わったので、それまでセーブせざるを得なかった いろんな方と会う予定を一気に入れています。

そういうわけで、ブログに書きたいことは山ほどあれど書くのが追いつかない…といった感じですが、今日は先週の刺繍レッスンの様子を…。



先週はお二人でのレッスン。

ちくちくしながら、簡単なランチタイムを挟みます。

ホワイトアスパラガスのポタージュスープにフランスパン。

生のホワイトアスパラはこの時期限定のお野菜。

日本では高級野菜ですが、オランダでは手軽な価格で売られていて、スーパーでもよく特売になるので、この季節はホワイトアスパラのメニューが増えます。

我が家のホワイトアスパラスープの味付けは、ヒマラヤピンク塩と粗挽き黒胡椒だけ。

ホワイトアスパラから出る旨味成分が半端ないので、調味料はシンプルにしています。


そうそう!

先週レッスンにいらしたYさんとMさん。

お二人とも、同じ色のフレームのハズキルーペをお使いでした

私は近眼のお陰か、まだ老眼とは無縁なのですが、そのうち老眼さんが「こんにちは〜」とやってきたらハズキルーペを購入してみようと思っています。

この色のフレーム、良いですね♪


そして…。

いつものごとく、夕方になって仕事から戻ってきた夫にカクテルを作ってもらいました。

最近よく作ってもらっているのが、シャーベットカクテル。

ライムが必須です。


そして…。

この日。

先にMさんがお帰りになって、Yさんがまだちくちくしている最中…。

玄関チャイムがピンポーン!

時間的に勧誘かなぁと思ったので、居留守を使おうと思ったら…。

あれ? 玄関ドアの向こうには見知った方のお顔…。

それは、刺繍レッスンの翌日に予定していた我が家での持ち寄り飲み会に参加予定の方。

あーっ! 日にちを一日間違えた???

その方。「また明日出直してくるわ〜」と恐縮しきりだったのですが、いやいや時間も既に18時を過ぎているし、せっかく1品作って持ってきてくださっているし、ぜひぜひ家でご飯を召し上がっていって〜。

というわけで、刺繍レッスンから急遽の予定外の飲み会に突入です。

簡単にできるものを何品かテーブルの上に並べて、結局夜中の12時頃まで喋って飲んで…♪


で、その次の日は総勢11人?12人?で、また我が家での飲み会。

皆さんが持ち寄って下さったお料理がテーブルに並びます。

そして…。

カクテル作りが趣味の夫が、今回も嬉しそうにシェーカーを振るっていました。

オランダ生活

オランダ通貨ギルダー

投稿日:

つい先日、「オランダの各家庭に眠っているギルダー札は約2,570万枚=4億4,600万ユーロ」というニュースがありました。

ということで、ちょっと家探し。

あった〜っ!

うちにも残っていました。

懐かしのギルダー札。

ユーロ札よりデザインも色も鮮やかです。


このギルダー札の透かし模様が、いかにもオランダらしい柄。

50ギルダー札がミツバチ。

25ギルダーと10ギルダーが野鳥。

中央銀行に持っていけばユーロと交換してくれますが、これは記念に取っておきましょ😉


ギルダーからユーロに切り替わった時、感覚的に物価が上がったことを覚えています。

ギルダーの頃のほうが断然生活しやすかったのですが、近隣諸国への旅行はユーロになって格段に楽にはなりました。

でも、ギルダー札。好きでした♪


ギルダー時代のコインはなぜか5セントばかり大量に見つかりました。

他の額のコインは、ユーロへの切り替え直前に全て使いきってしまったのかな???

覚えていない💦

うちに残っている5セント。

一番古いのは1955年発行のもの。ユリアナ女王の横顔が刻まれています。

一方、年代が新しい5セントはベアトリクス女王の横顔です。

オランダ生活

耐久レースのような卒業試験が終了!

投稿日:

4月から延々と続いていた中等教育卒業試験が、昨日でやーっと終わりました!

はぁ…長かったぁ…。

というわけで、昨夜は子どもの希望でお寿司。

数年前からオランダではお寿司が大人気。

お寿司以外のメニューも充実しています。

このお店。等身大の日本人形が飾られています。けっこうインパクトがありあり。

昨日はちょうどオランダ現地高校の卒業試験の結果も出たので、水曜日だというのにお店の中はそのお祝いの家族らしき人たちでいっぱい。

店内が安堵感に満ちた家族ばかりで、なんだか不思議な空間になっていました。


一方、うちの子の試験の結果が出るのは、8月後半。

9科目28個の鬼のような記述式試験と2000ワードの論文2本なので、採点に時間がかかるらしい。

相当勉強していた我が子。

特に、1月の模試後の猛勉強ぶりは凄まじかった…。

どこまで点数を伸ばしてくるか、ちょっと楽しみ♪

過酷な15の年だったのですが、この経験は貴重な財産になったと思います。


でも、「今日から高校での勉強に向けてまた気持ちを切り替えて勉強していく」と宣言している子ども。

既に高校で選択する予定の全ての教科書は自費で購入済みです。(9月に入ると学校から教科書は貸与されるのですが〜)

やる気に満ちているので、このままのペースで頑張っていけそう…。


うちの子。高校では数学と物理と英語をハイヤーレベルで取る予定です。

ハイヤーレベルの科目は最初の年に大学1年レベルの内容にまで踏み込むということなので、やっぱり相当頑張らないとダメ。

高校でも、夫がパパ家庭教師で強力サポートかな。

うちの人、本業を家庭教師にしたらいいんじゃないの?というくらい、我が子の成績を予想以上にぐぃ〜〜〜んと伸ばしてくれました。

全ての教科の膨大な過去問を分析して、子どもの弱点を一つずつ丁寧になくしていく…。そんな指導を毎日根気良く続けてくれました。

子どもが大学生になったら、うちの人。副業で他所のお子さんの家庭教師できそう(笑)。


さて…。

これで私も夏のワークショップの準備に本格的に取り掛かれます。

他、子どもの試験で色々とセーブしていたことが多かったので、一時帰国出発日までにそれらのことを全て済ませねばー♪

オランダ生活

オランダの誕生日

投稿日:

「お誕生日の人が職場や学校にケーキを持っていく」という慣習があるオランダ。

出張等が重なったので夫の誕生日から遅くなったのですが、先週ケーキを職場に持っていくというので…。

その前日と前々日の2日間、一日中ケーキを焼いていました。

疲れた〜。

人数が少ない職場ならケーキ作りも楽しいと思うのですが、夫の職場は人数が半端ない。何十人分ものケーキ作りは、もう毎年の苦行…です。

特に一昨年はちょっと特別なお誕生日の年だったので、100〜120人分のケーキを準備。さすがにこれはお店に注文しましたが、それはそれで桁違いの出費に泣きました…。

というわけで、毎年の夫の誕生日はちょっと大変なのですが、今年も無事に終了〜。

自分にお疲れ様♪と言いたい(笑)。


と、先週は刺繍ワークショップの準備に追われながらのケーキ協奏曲の日々を送っていました。

でも、そんな中でホッと一息つけるのが、お庭タイムです。

裏庭に植えている10種類ほどの薔薇が次々と花開いてきていて、お庭に出ると薔薇のふわっとした良い香りに包まれるようになりました。

庭に水やりをしていると、その水音を聞きつけてご近所ネコたちも遊びにやってきます。

こちらは、いつもノソノソと歩いて近づいてくるトラたん。

少し警戒心が強い子なのですが、だいぶ私たちに慣れてきました。


こちらは人懐っこいマシュ。

毎日何度も我が家に遊びにやってきて、やたらスリスリしてきます。

撫でてもらうのが何よりも好きで、とにかく人にまとわりつく可愛らしい子。

うちの子にしたいな〜と思いつつ、それをやっちゃうと誘拐犯(!)になるので、グッと我慢…(笑)。

遊びに来たら思いっきり可愛がっています。


数年前に植えた赤スグリの実。

毎年、野鳥が全てついばんでしまうのですが、夕日に照らされて美しいですよね。

まるでルビーみたい。