ハーダンガー

クリスマスモチーフのハーダンガー刺繍

投稿日:

友人たちを家に招いてクリスマスディナーをした翌日から、酷い風邪でダウン。

約1週間ほどずっと寝込んでおりました。

幸い夫のクリスマス休暇と重なったので、家事は全て家族にお任せ。

私はずーっとベッドでゴロゴロ。

優雅なお姫様生活。

たまに刺繍、たまにスマホ、たまに読書、たまにお昼寝。

こんな感じの生活で完成したのが、こちら。

32ctリネン使用。
オリジナルデザイン。

テーマは「星降るクリスマス」

写真だと分かりにくいかもしれませんが、ラメがたくさん織り込まれたリネンなので、とてもキラキラしています。

オランダは25日と26日がクリスマスで、ツリーは年明け6日まで出しておく習慣。

新年もクリスマス飾りのままで迎えるので、一応クリスマスに間に合った…ということで😉

 


リネンのキラキラしている部分を残したくて、織り糸カットは極力少なめのデザインにしました。

周辺はドロンワークで仕上げましたが、さりげなく金糸を部分的に使って刺しています。

写真だとイマイチお伝えできないのですが、肉眼だと本当にリネンもステッチも輝いています。

クリスマスにぴったり!

このキラキラリネンは手芸フェアで試しに購入してみたものなのですが、なかなか良いので、次回の手芸フェアでも探してみようと思います。

ハーダンガー

今月のハーダンガー刺繍教室

投稿日:

子供の学校もクリスマス休暇に入り、オランダはすっかりお休みモードです。

それに伴い今年の刺繍教室も全て終了いたしました。

今月は体験レッスンの方たちがいらしてくださったりして、最後の最後で素敵な出会いも。

オランダの暗い冬を乗り切るためにも、ちくちく仲間の輪が広がっていくのは本当に嬉しいことです。

当刺繍教室【Borduursalon yoka(ボルデュールサロンようか)】は自宅でのレッスンなので、お教室というよりお茶会を兼ねたようなサロン形式になっています。

なので、ちくちくの合間のランチやデザートタイムもお楽しみのうちの一つ。

あと、私がキャンドル好きということもあるのですが、皆様には寛いでいただけるように常にリビングにはたくさんのキャンドル等を灯して…。

この時期はもちろんツリーの灯りも〜。

そうそう!

我が家に初めていらした方に時々言われるのが、「テレビを置いていないお宅なんですね」。

確かに〜。一見すると、うちのリビングにはテレビがないように見えます。

が、

実はあるんですー。

ここに。

え?

と思われた方のために、タペストリーをちょこっとめくってみましょう。

壁に顔をピタッとくっつけるように横から見ると…。

テレビはここに隠してあります。

黒い画面がリビングにドンッとあるのが嫌なので、タペストリーの裏側に設置することにして、こうなりました。

テレビを見る時にはタペストリーをくるくると巻き上げればOK!

見た目も良いし、何よりテレビのダラダラ見がなくなるので、一石二鳥です。

オランダ生活

もみの木でクリスマスツリー

投稿日:

今年もリビングにもみの木を設置して、飾り付け。

もみの木を真っ直ぐに立ててから…と、けっこう大掛かりな作業なのですが、家族皆でワイワイとやる楽しい時間です。

こういう時は、いつも以上に思春期の息子がよく喋ります。

暖炉の上にもモミの葉を敷き詰めて〜。


オランダに来てから20年。

結婚してすぐに買ったオーナメントはけっこう割れちゃったりして、毎年オーナメントを買い足すのですが、この天使だけは無事。

20年に渡ってツリーを彩ってくれています。

これから少しづつ他の部屋もクリスマスの模様替えへと。

どんよりと暗い天候が続くので、家の中だけでも少しでも明るく居心地良く整える!というのを心がけています。

というのも、この時期は鬱の人がドッと増える時期。

まぁそれも仕方がないんです。

だって、12月のオランダは常にこんな感じのお天気。

寒くて、日中でも薄暗くて、雨風が強くて、用事のある人以外は街を行き来していない。

夏はたくさんの観光客で賑わう旧市街も人が少なくなります。

だから、冬支度は本当に大事。

11月後半くらいから街の至るところで「もみの木」が売られ出すので、多くの人たちが1本ならず2本3本と買い求めていきます。

いろんな大きさのもみの木があるので、リビングだけじゃなく、玄関先とか子供部屋とかにも飾るんでしょうね。

だから、うちがよく行く大型ガーデニングショップもこんな感じ。

店内にはもみの木の香りが充満しているので、ここで思いっきり森林浴です。

ハーダンガー

ハーダンガー刺繍のビスコーニュ完成

投稿日:

寄り道ステッチで刺し始めたビスコーニュが完成しました。

冬の季節に恋しくなるグリューワインをイメージした作品です。

オリジナルデザイン。
30ctリネン使用。


モチーフの所々にピンクのパールビーズでアクセントをつけてみました。

そして、ビスコーニュの縁にはピンクベースのキラキラなシードビーズで飾りつけ。

刺繍リネン、刺繍糸、内布、ビーズ。これら全ての色を上手く合わせるのに少々苦労しましたが、何とかまとまった…かな。