ハーダンガー

新作:ハーダンガー刺繍のミラーコンパクト

投稿日:

クロアチア旅行の話はいったん中断して…。


今日はハーダンガー刺繍で寄り道ステッチ。

ミラーコンパクトを作成しました。

テーマはお花。

アンティークゴールド色のコンパクトに糸色を合わせてみました。

3色使っています。

40ctリネン使用。オリジナルデザイン。

アクセントとして、中央にバリオンローズを刺し入れてみました。

全体的にアンティークっぽい雰囲気になるように糸色の組み合わせを考えてみたのですが、こんな感じで大丈夫…かな。

お仕立ての時に少しだけ綿を入れたので、ピンクッションとしても使えるかも。

ヨーロッパ観光

ドゥブロヴニクは『魔女の宅急便』の街

投稿日:

クロアチアの街ドゥブロヴニクは『魔女の宅急便』の舞台と言われています。

確かに、街はどこでも急な階段だらけ。


奥の階段の長さ。ちょっと凄すぎません?


キキの空飛ぶ宅急便が重宝されるのがとってもよく分かります。


旧市街の城壁の隙間から見えるアドリア海の光景も素敵です。


ってことで、キキ🎀になった気分を味わうために、ロープウェイで街の一番高いところまで登ってみました。

ロープウェイに乗っている間、『ルージュの伝言』が思わず脳内でエンドレスに流れます。

そして、街の一番てっぺんからの景色は正にこれ!

これぞ魔女の宅急便!

天空のカフェでちょっと休んできましたが、とっても気分爽快!


天空で味わうアイスクリームは絶品!


そうそう。
この日もやっぱりどこにでも猫ちゃんがいました。

ヨーロッパ観光

クロアチアは猫ちゃん天国!

投稿日:

昨日に引き続き、今日もクロアチア話。

これから数日間はクロアチア旅行の思い出話が続きますので、宜しければお付き合いくださいませー。

ドゥブロヴニク空港からタクシーでホテルに入って3日目。

この間ずっとビーチ等で過ごしていて、一歩もホテルから出ていませんでした。


でも、この日は夕方からお食事がてら旧市街へ。

どこを切り取っても絵になる旧市街。


『魔女の宅急便』の舞台だと言われているドゥブロヴニク。

黒猫のジジにも会えました😍

っていうか、旧市街には猫ちゃんがいっぱい落ちている!


どの子も人馴れしていて、もう猫好きには堪らない街です。


ちなみに、この日の夕食は港沿いのレストランで。

お食事の後は、また旧市街を散策しながらアイスクリームと焼き栗をデザート代わりに。


ドゥブロヴニクは海が美しい!

魚介料理が絶品!
スイーツも絶品!
猫ちゃんがいっぱい!

なんて素敵な街なんでしょう〜。

ヨーロッパ観光

クロアチアの海

投稿日:

先月の秋休暇は、クロアチアへ5泊6日で出かけてきました。

滞在地はドゥブロブニク1箇所。

家族全員があちこち駆け回る旅が好きではないので、いつもこんな感じのゆったりめのスケジュールを組みます。

今回の滞在先はずっと、ドゥブロブニク旧市街からは少し離れたリゾートホテル。

ホテル内にはプライベートビーチ、室内&室外プール、エステスパ、ジム、バー、レストラン等々の施設が充実しているので、とても快適。

なので、今回のドゥブロブニクでは、たまに旧市街に出かけて後はほとんどホテル内で過ごしていました。

だって、プライベートビーチがこんな感じなんですよ〜。

アドリア海って本当に美しくて、水が透明真っ青。

ビーチが砂ではなくて小石なので、足元がザラザラしないのも好ポイントです。

ビーチではパラソルやタオルは無料貸し出し。

飲み物も注文できるので、部屋で水着に着替えて手ぶらでそのままビーチへ出られます。

驚いたのが、クロアチアは10月後半でも海で泳げる気温だということ。

オランダを飛び立った時にはロングブーツ&ダウンコートだったのですが、クロアチアではずっとサンダル&サマードレスで過ごしていました。

この青い海と青い空。
オランダにはないものなので、クロアチアで思いっきり満喫してきました。


時々バーでもくつろいで…


お食事は1回だけ旧市街にしましたが、後は朝昼晩とずっとホテル内。

夜は照明が暗すぎて写真に撮れなかったのですが、朝はこんな感じ。

朝からシャンパンもあります。

クロアチアのスイーツは日本人の口によく合う感じ。

甘ったるさがなく、幾つでもペロッとお腹に入っちゃうので、ある意味危険かも〜。


ホテルの客室は全てオーシャンビュー。

私たちが泊まったお部屋のテラスから眺める風景はこんな感じ。

夕方はこんなに美しい夕焼けもお部屋から見えます。

お部屋は南国風。


夕焼けが本当に素晴らしくて、夕方になると夫婦でプライベートビーチを散策したりしていました。

ちょこっと顔出し。(後ろ姿ですが〜)

オランダ生活

中等教育修了式

投稿日:

また大分ブログをご無沙汰していました。

色々と書きたいことは溜まっているので、今月は振り返り記事を書きたいと思っていますが、とりあえず直近の出来事から…。


我が家の16歳の息子。
既にIBDP生としてのスタートを切っていますが、遅ればせながらここでIGCSEディプロマ授与式がありました。

いわゆる中等教育修了式です。

でも、生徒たちの中にはやたらめったら大人な雰囲気の子たちが何人もいて、後で息子に聞いてみたら、やはり20歳前後の子たち。

落第はよくあることなので、同学年に違う年齢の子たちが沢山いるのは至って普通です。

ただ、IB試験受験資格は19歳まで。

なので、その大人な子たちはIGCSEディプロマを取得してもIBDPコースへは進まず、HBO(高等職業教育学校)へ入学したり、どこか企業で働き出したり…。

それぞれ進路は分かれます。


ちなみに…。

会場にはプロのカメラマンもいらしていて、式典後にはレセプションの合間に別室で各家族の写真を撮ってくれたり…。

良い記念になりました。