ヨーロッパ観光

思い立ってドイツへ

先月の30日。

珍しくお天気が良かったので、急に思い立ってドイツへ出かけてきました。

日帰り旅行です。

目的地はうちから250㎞離れたデュッセルドルフ。

こういう時には夫婦交代で運転です。

オランダの経済中心地域ランドスタットを抜けると一気にスピードが出せて、ドイツに入るとさらに加速。

風のように駆け抜けられます。

写真右側のEUブルーの看板にドイツの文字が見えてきました。

ここがオランダとドイツの国境。

何もないので、そのまま一気に駆け抜けます。

オランダに来て思いがけず一番上達したのは、私の場合は運転だと思います😊

日本でペーパードライバーだったのが嘘のよう…。

 


街の中心地の地下駐車場へと向かいます。

外国では料金が多少高くなっても、必ずセキュリティーのしっかりとした地下駐車場へ入れることにしています。

ヨーロッパではツリーを片付けるのは新年1月6日なので、この地下駐車場にもツリーがまだ飾られたままでした。


というわけで、デュッセルドルフの街もまだまだクリスマス。

クリスマスマーケットもまだまだやっていました。

クリスマスオーナメントもドイツっぽいものがたくさん!


ドイツのクリスマスマーケットではこの焼き栗がいつも楽しみ。

今回も買ってみました。

オランダのクリスマスマーケットにも焼き栗屋さんがあるといいなぁと思っているのですが、未だ見かけたことがない。

やはりクリスマスマーケットはドイツが良いですね〜。

規模が違うの。


遠目からはくるみ割り人形に見えたのですが、近寄ったらちょっと微妙なグリューワイン店。

デュッセルドルフの街は大陸欧州で一番日本人が住んでいるせいなのか、こういうグリューワインのお店でも日本語標記がありました。

ご丁寧にカタカナ表記の横にはローマ字表記まで〜🤣


ランチはここのカフェで。

チョコレートで有名なお店なのですが、カフェメニューもなかなか美味。

私は大好きなグラーシュを注文しました。

たまに自分でも作るのですが、このグラーシュはなかなかカフェの味にはならない。

なんか自作だと深みが足りないんですよねー。何でだろう???


オランダとは違ってドイツのデパートではとっても購買意欲がわくので(心惹かれるものが多いの)、けっこうデパートにいた時間も長かったのですが、夜は夜でまたクリスマスマーケットへ逆戻り。

底冷えする寒さの中、この黄色い温かな雰囲気の灯りはとっても心を和ませます。

ドイツらしいプレッツェルの屋台もありました。

このフレグランス製品も購入してみたのですが、何とも言えず良い香り。

本物のエーデルワイスです。

実に自然な香り。

リビングに置いたのですが、ふわっと香って実に心地良い…。

もっと買ってこれば良かったー。


夜ご飯は、息子の希望でここ。

新橋が本店だそうです。

デュッセルドルフは日本人駐在員がとても多い街なので、こういう日本食が充実しています。


とても濃厚な鶏がらスープ。

みじん切りの生玉ねぎが入っていたのがけっこう斬新な感じがしたのですが、細麺で美味でした。


最近は泊まりがけだと面倒だなぁと思ったりもするので、こういう日帰り旅行は良いですね。

また気が向いたら、出かけてこようかな。

ただ、ドイツは行きは良いのですが、帰りはちょっと怖い。

だって、ドイツの高速って外灯がないので、真っ暗。

前に車が走っていれば何となく道が頭の中に描けるのですが、そうじゃないと本当に一寸先は闇。

ここを100〜160㎞/h程度で駆け抜けていくので、運転中は真剣勝負。

ただただ前方に集中です。

そうそう。

前述のチョコレート店で購入してきたものはこちら。

シャンパントリュフです。

お口に含むとジュワーっとシャンパンが流れ出してくる感じで、もうもう本当に美味しいの!


あと、こちらも。

ハイランドスコッチウイスキーが練り込まれたウィスキートリュフです。

ウィスキー好きの夫が絶賛!していました。

ウィスキー苦手な私でも中毒性を感じるほどの美味しさです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です